苦手教科克服法教えます - できる子の育て方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


苦手教科克服法教えます

お子さんの苦手科目は何ですか?

我が子は、5年の後半から算数が苦手科目となりました。
中学受験は5年の後半から算数、理科が難しくなってきます。

我が子は完全に消化不良を起こしました。

算数は、割合と比、場合の数に泣かされました。

理科は電流、てこ、滑車に泣かされましたが、それまで理科は得意だったので
電流、てこ、滑車の問題を短期間に徹底的に繰り返すことで乗り越えました。

しかし、算数は割合と比ができなくなった頃から
苦手意識が働き難しい問題をやりたがらなくなりました。

何に問題があるのか?

解けないことへのストレスにある気がしました。

そこで、思い切って難しい問題に取り組むのを辞めました。
つまり塾の宿題をやめたのです。

5年からやり直しました。
基礎問題を繰り返し、4科のまとめは苦手なところはできるまでやらせました。
7、8回繰り返したところもあります。


基礎ばかりで難問に取り組まないためか、組み分けや合不合などは難しい問題ができず
点数が伸びない時期があり焦りと不安を持った時期もありました。

「基礎の上には何も積みあがらない」

そう信じ徹底的に基礎を固めました。


子どもが簡単な問題なら解けると自信をつけたころから難しい問題をやらせました。

変わったと思ったのは、以前は解けないとあきらめていたのに
解けるまで頑張るようになったこと。

解けなくても解答、解説を見て理解できるようになってからは目に見えて算数の成績が伸びました。


それと平行して、その時期は、得意な科目をたくさん勉強させました。
得意科目を持つことで自信をつけさせたことはモチベーション維持に役立ちました。

苦手な科目を克服するには、
早い段階で消化不良を見つけ、
短期間でわからないところをわかるまで繰り返し学習する。
我が家で言えば、理科のてこ、滑車です。

徐々に苦手になっていった場合は、基礎からのやり直しです。

暗記分野があいまいなら、短期間で集中して暗記を完璧にする。
理科の植物の分野は早い時期に完璧に覚えてしまうと6年になると武器になります。

国語も基礎です。

知識分野を覚えることが読解にも効果を発揮します。

5年の後半の国語は重要です。

国語で点数が取れない場合は5年の後半から丁寧にやりなおすといいでしょう。

中学受験に焦点をおいた苦手科目克服法ですが、

基本は、

・わからなくなったら早めに対処する。
・短期間でわかるまで徹底的に学習する。
・どこからできなくなったのかわからなくなった場合は基礎からやり直す
 (簡単な問題集を1冊やっても良いでしょう)
・得意分野を伸ばし、自信をつける




 
 
【タブレット型通信教育スマイルゼミ】
共働き家庭の子供の通信教育にピッタリ
詳細記事はこちら⇒


【勉強サプリ】
【受験サプリ】有名講師の講義動画 の小中学生版
詳細記事はこちら⇒
【Z会】 ●幼児向け ●小学生向け ●中学生向け
Z会資料+おためし教材無料プレゼント!
おためし教材無料⇒
中学入学前の基礎固めが成功の秘訣!
保護者向けの冊子『中学からの正しい学習法』    
申し込みの方全員にプレゼント中

【受験サプリ】
東進に負けないカリスマ講師講座
予備校なし980円で東大を目指す!
詳細記事はこちら⇒


thumb_arkgallery_info_1_20120720105100.jpg Z会小学生 中学受験コース徹底検証!
■Z会は中学受験に適した通信教育か?
Z会中学生コースってどんなコース?評判は?Z会だけで合格できるの?
家庭学習のみで中学受験おすすめサイト
thumb_www_violincantabile_com_20120720105217.jpg ヴァイオリン上達情報サイト
■バイオリン子供から大人のためのレッスン室
ヴァイオリンについてのあれこれ、先生の探し方、ヴァイオリンの探し方から ヴァイオリンを極めたい人、音楽の道を考えている人、のための情報サイト
ヴァイオリン上達おたすけガイド
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、記事ネタリライト、商用販売を固く禁じます     [PR]
Copyright © できる子の育て方 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。