Z会で勉強の習慣を身につける - できる子の育て方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Z会で勉強の習慣を身につける

小学生の低学年以下のお子さんを持つ方に提案する
「勉強しなさいと言われなくても勉強する子に育てる方法」
を紹介します。

「勉強しなさいといわれなくても勉強する子」がいます。
羨ましいですね。

勉強をしないわが子を見ると
小学生なら少しは様子を見ようという気になりますが、
中学生、高校生になり、悩みは大きくなります。

「勉強しなさい」という一言からバトルになるというのは
思春期、反抗期のお子さんを持つ家庭の悩みNo.1です。

では、どのように育てたら自分から勉強する子になるか。

幼児期から小学校の低学年の子どもの育て方が
重要となるのです。

幼児期、小学生の低学年の子どもは非常に素直です。
だから、小学生の素直な時期に、習慣的な学習習慣を
身につけることが重要なのです。


学習習慣を身につけるには、いろいろな方法があると思いますが、
私は、学習習慣を身につけるには、
Z会は非常に効果的であると思います。

なぜそう思うのか・・・

今の公立小学校に任せたままだと学習習慣の身につく子どもに
育てるのは難しいと感じています。

最近の小学校の宿題の質の低下を感じます。

教師が、宿題のチェックをする時間がないのと
学習塾に通う生徒が多くなっている中、
学習塾の宿題を優先する家庭の要望で
宿題を出さない教師も増えている背景もあり
宿題が少なくなっているようです。
また、学習塾に通う子通わない子での
学力の格差が生まれています。
出来ない子にあわせる形で授業をすすめ、
宿題を出すというスタイルをとっている
学校が多いような気がします。
このことが学力低下につながっているように感じます。

出来る子をさらに伸ばそう、
意欲のある子どもに育てようという
発想がないようにも感じるのです。

子どもの宿題を見ていると無駄な宿題も多いと感じます。
学力がほとんど向上すると思えないような宿題で
子どもは勉強した気になっています。

低学年だからこの程度などと安心するのは危険です。

幼い子供というのはどの子も学習意欲が旺盛です。

幼稚園の子に小学校へ行ったら何をしたいかと聞くと、
「算数をやりたい」「漢字が書けるようになりたい」
「勉強したい」などと答えます。

子どもたちは「勉強がしたいのです」

低学年の子どもたちの宿題はあっという間に終ってしまいます。

宿題以外の勉強をする習慣をつけるには、
この時期がチャンスなのです。

高学年になればなるほど学習することが面倒、
嫌という感情から継続して学習することが
難しくなります。

だからこそ低学年のうちに家庭学習の習慣を身につけたい。

百マス計算、算数ドリル
漢字ドリル、毎日15分本を読む。

理科や社会に興味を持つような番組や本を見る。

と工夫をすれば、お金をかけずして
勉強の習慣を身につけることは出来ます。

でも、親が常にアンテナを張って家庭学習のカリキュラムを
考えるのはかなり労力を要しますよね。

以上の理由で私は「Z会」をすすめるのです。

私の周りにはZ会支持派が多いです。

その理由については、こちらで詳しく書きました。

>>Z会の小学講座が通信教育の中でおすすめの理由

Z会の通信教育を始めようか悩んでいる人には
参考になると思います。
是非、読んで参考にしてください。


通信教育には、「進研ゼミ」や四谷大塚の「リトルくらぶ」
日能研の「知の翼」などがあります。
しかし、まわりのお子さんを見ていると「Z会」より
継続率は高くないように感じます。

それについてはこちらの記事で詳しく書いています。

【関連記事】リトルくらぶ評判評価
【関連記事】知の翼の評判評価

塾に行くという方法もありますが、
低学年のうちから塾に行くのは
中学受験を視野にいれているのであれば、
疲れ気ってしまったり、塾になれてしまったりして
良くない結果になるパターンが指摘されています。

小学生は、いろんなアンテナを持っています。
その時期に、いろんな友達と遊び、遊びの体験を
多く持った子、体をたくさん動かし運動能力を身につけた
子は、社会人になってからの評価が高い人物になる。
つまり、生きる力というものが勉強だけで育った子
よりも大きいとも言われています。

通信教育は、毎日学習する構成になっています。
この毎日という習慣が大事なのです。

ですから、通信教育を始めたら、
毎日という習慣は必ず守ってください。

そして必ず提出する。

その習慣が身につくまで、毎日学習するための
声賭けをして下さい。

「やりたくない」ということもあるでしょう。

でも、「やりなさい」と言っても親の言うことを
良く聞くのはこの時期だけなのです。

今日は、「やらなくていい」という返事は決して
しないと親が意思を強くすることが大事です。

低学年のうちの学習内容は簡単です。
お子さんの隣に座り、優しく(これがもっとも重要です)
サポートしてあげてください。

自分からやるようになるときがきっと来ます。

毎日1時間、ゲームやテレビから離れてじっくり学習する習慣をつけましょう。
勉強しなさいと言われなくても勉強ができる子になります。

今の時代は、親が環境を整えてあげなければならない難しさがあります。
環境を整え生活していくことが、結果中学、高校で子どもが生きる選択肢が広がります。

当サイトから、Z会小学生コース、幼児コースの資料請求ができます。 

お試し教材もらえます!














 
 
【タブレット型通信教育スマイルゼミ】
共働き家庭の子供の通信教育にピッタリ
詳細記事はこちら⇒


【勉強サプリ】
【受験サプリ】有名講師の講義動画 の小中学生版
詳細記事はこちら⇒
【Z会】 ●幼児向け ●小学生向け ●中学生向け
Z会資料+おためし教材無料プレゼント!
おためし教材無料⇒
中学入学前の基礎固めが成功の秘訣!
保護者向けの冊子『中学からの正しい学習法』    
申し込みの方全員にプレゼント中

【受験サプリ】
東進に負けないカリスマ講師講座
予備校なし980円で東大を目指す!
詳細記事はこちら⇒


thumb_arkgallery_info_1_20120720105100.jpg Z会小学生 中学受験コース徹底検証!
■Z会は中学受験に適した通信教育か?
Z会中学生コースってどんなコース?評判は?Z会だけで合格できるの?
家庭学習のみで中学受験おすすめサイト
thumb_www_violincantabile_com_20120720105217.jpg ヴァイオリン上達情報サイト
■バイオリン子供から大人のためのレッスン室
ヴァイオリンについてのあれこれ、先生の探し方、ヴァイオリンの探し方から ヴァイオリンを極めたい人、音楽の道を考えている人、のための情報サイト
ヴァイオリン上達おたすけガイド
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、記事ネタリライト、商用販売を固く禁じます     [PR]
Copyright © できる子の育て方 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。